堂上蜂屋柿

堂上蜂屋柿

基本情報

地図

平安時代から伝えられる干し柿の王様と呼ばれる堂上蜂屋柿。
2007年4月には、イタリアに本部のあるスローフード協会の「味の箱舟」に岐阜県で初めて認定されました。
味の箱舟は、食の世界遺産ともいわれています。
販売予約は、12月1日からJAめぐみの蜂屋支店の窓口及び電話にて開始します。

堂上蜂屋柿の購入について

店頭でお並びいただくか
フリーダイヤル0120-882-731 または
0574-25-2902 へお電話下さい

※ 予約初日のお電話はつながりにくい場合がありますので何とぞご了承下さい

学校で学ぶ「堂上蜂屋柿」

蜂屋小学校では、地域の特産品である「堂上蜂屋柿」作りに挑戦する授業があり、堂上蜂屋柿作りの魅力を感じてもらっています。
「堂上蜂屋柿づくり」と題した授業では、美濃加茂市堂上蜂屋柿振興会を講師に招いて、アドバイスを受けながら専用の皮むき道具で丁寧に皮をむいたり、その後の工程のイオウ薫蒸(殺菌、色付けなどのため)や天日干し作業について説明を受けます。

堂上蜂屋柿の周辺、関連スポット

堂上蜂屋柿の基本情報

美濃加茂市蜂屋町上蜂屋6-1(JAめぐみの蜂屋支店)

TEL 0574-25-2902

FAX 無し


<営業時間>

-

<定休日>

-

<駐車場>

-


<ホームページ>http://www.hachiyagaki.jp/

<入館料>

 

平安時代から伝えられる干し柿の王様と呼ばれる堂上蜂屋柿。
2007年4月には、イタリアに本部のあるスローフード協会の「味の箱舟」に岐阜県で初めて認定されました。
味の箱舟は、食の世界遺産ともいわれています。
販売予約は、12月1日からJAめぐみの蜂屋支店の窓口及び電話にて開始します。

堂上蜂屋柿の購入について

店頭でお並びいただくか
フリーダイヤル0120-882-731 または
0574-25-2902 へお電話下さい

※ 予約初日のお電話はつながりにくい場合がありますので何とぞご了承下さい

学校で学ぶ「堂上蜂屋柿」

蜂屋小学校では、地域の特産品である「堂上蜂屋柿」作りに挑戦する授業があり、堂上蜂屋柿作りの魅力を感じてもらっています。
「堂上蜂屋柿づくり」と題した授業では、美濃加茂市堂上蜂屋柿振興会を講師に招いて、アドバイスを受けながら専用の皮むき道具で丁寧に皮をむいたり、その後の工程のイオウ薫蒸(殺菌、色付けなどのため)や天日干し作業について説明を受けます。

堂上蜂屋柿の周辺、関連スポット

堂上蜂屋柿をシェア

コメント

コメント 1 件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 窪田征司 より:

    堂上蜂屋柿生産高を上げるには「生産と販売の分離」による生産農家の生産特化が必要ではないか。今、JAによる農作業受託が積極化しつつあり、蜂屋柿の販売を採取収穫作業、選果場輸送、皮むき乾燥作業の受託から出荷販売までの一貫一括作業受託への移行が必要ではないかと思う。更に、生産者主導による採取収穫に向けた良い意味での「採取柿の青田売り」入札による採取から出荷までのJAや流通事業者の競争入札へ発展すれば生産者は「良い柿」生産に特化でき、規模拡大化や、随時作業だけの育成生産作業での兼業でもできる。先代のない新規参入者も参入しやすい。新規参入しやすい農業はその農地の賃貸もしやすくなるから土地持ち非農家も蜂屋柿の苗木を相続した遊休地へ新植し、育成、成木化する意欲がわく。
    投稿者:名古屋市東区新出来2-8-35 相互建商(株)内 TEL052-937-8660

TOP