太田宿中山道会館



太田宿界隈


祐泉寺



観光案内ボランティア




お祭り


おん祭MINOKAMO
秋の陣



大きな地図で見る

営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日・年末年始
所在地 美濃加茂市
太田本町3-3-31
駐車場 43台(無料)
会館前22台、会館西側15台
バス 6台
TEL 0574-23-2200
FAX 0574-23-2201
ホームページ kaikan.ootajuku.net
Eメール kaikan@ootajuku.net
入館料 無料
多目的ルーム・イベント広場の利用:有料






中山道太田宿の新たな見どころ「太田宿中山道会館」は、太田宿をめぐる旅の出発点。

中山道太田宿の歴史文化、江戸時代の宿場や旅の様子を紹介する展示室や飲食コーナー、物産品展示・販売コーナーなどがあります。

太田宿散策のビジターセンターとしてご利用ください。



展示室:旧本陣の東門(通用門)として使われていた現物を移築



展示室:皇女和宮の豪華な御降嫁行列を切り絵のCGで再現した映像コーナー



エントランスホール:美濃加茂市及び周辺地区の特産品等展示販売コーナー



お休み処「やどりぎ」:地元の食材を使用した飲食コーナー



糸遊庵(中山道会館敷地内):岡本太郎の父で、日本の漫画の先駆者 岡本一平が疎開した古井町下古井の居宅を移築。

晩年は、太田宿で地域文化に貢献したが、昭和23年にこの家で亡くなりました。



旅人をやさしくむかえる宿場町「中山道太田宿」

広重が描いた宿場町へ。
中山道太田宿は、川と道と人が交わる宿場町。
川が人々に恵みをもたらし、人々の往来が新しい文化を運び、中山道美濃路の中心的な役割を果たしました。

さぁ、江戸時代の風情が残る、太田宿をめぐってみましょう。
あなたが歩くと絵になります。





太田宿は、中山道六十九次の内、江戸から五十一番目の宿場、、美濃十七宿の中央にあります。

太田宿には、「木曽のかけはし 太田のわたし 碓氷峠がなくばよい」と唄われた
中山道三大難所の一つ「太田の渡し」や尾張藩の代官所もあり、
また飛騨街道と郡上街道の分岐点にあたるため、政治・経済・文化の中心地として栄えました。

現在も古い町並みや枡形などが残り、宿場情緒を楽しみながら散策できます。

写真は、浮世絵師 歌川広重の「木曽海道六拾九次」の太田宿の浮世絵です。




 


観光協会ネットワーク | 会員紹介ページ | その他団体・企業 | アクセスマップ
〒505-8606 美濃加茂市太田町3431-1 美濃加茂市 産業振興課内
電話0574-25-2111(内線262) FAX:0574-27-3863
Email:onsai@mail2.city.minokamo.gifu.jp
美濃加茂市観光協会 Copyright (C) MINOKAMO All Rights Reserved.