昭和30年代里山
スイーツ工場
みのかも歴史自然アート
体験コース



健康の森
日本一大天狗
飛騨川に浮かぶ小山観音
桜の森
自然満喫コース


ハイキングコース
奥山自然遊歩道
御殿山
里山の湯



■ ハイキングコース  奥山自然遊歩道→御殿山→昭和銭湯里山の湯

ハイキング後には、昭和銭湯里山の湯(日本昭和村に併設)にて汗を流し、銭湯の定番、富士山のタイル画が構える懐かしい雰囲気を楽しみながら、ゆったりとおくつろぎください。
http://www.nihon-showamura.co.jp/satoyama/







白山神社鳥居(登山口)付近の道の膨らみに、3台ほど駐車可能。また、その先の東屋付近にも駐車可能です。












御殿山

美濃加茂市の最北部に位置します。標高559メートルで、市の最高峰を誇り、渓谷や滝をはじめ緑濃い木々が生い茂って自然の宝庫となっています。
山頂からは、伊吹山や養老山脈をはじめ御嶽山、白山などの霊峰が間近に見ることができます。



御殿山白山神社





加賀の白山本宮白山比咩大神の分身をお迎えし祀ってある祠です。遠い昔、加賀の白山からお姫様が白雲にのり二匹の大蛇をお供に飛来され、このやかたを造り住んでおられたところと伝えられています。



猿の岩

御殿山から東に続く山なみに「猿の岩」という処があります。此処には数知れぬ猿の群が付近の岩場を中心にたむろして、御殿山のお姫様をお護りしていたっところといわれています。



涼み壇

岩が重なりあい眺めの良いこの付近を「涼み壇」といいます。ここはお姫様が暑い夏の夜、扇を片手に涼しい風を求めて、この岩のところまで降りて来られたと伝えられています。



踊り場



涼み壇から下った処に「おどり場」というところがあります。中秋の名月の夜には、日本中のけだものが集まって、お姫様を囲んで一晩中唄を歌い踊って夜を明かしたとも伝えられています。



十一面護摩壇



十一面には、観世音菩薩が祀られており、すばらしい松並木の道がありました。後の世に行者達が護摩壇をしつらえて、修行をしたところといわれています。



山頂からの眺め



山頂付近の東屋

 


観光協会ネットワーク | 会員紹介ページ | その他団体・企業 | アクセスマップ
〒505-8606 美濃加茂市太田町3431-1 美濃加茂市 産業振興課内
電話0574-25-2111(内線262) FAX:0574-27-3863
Email:onsai@mail2.city.minokamo.gifu.jp
美濃加茂市観光協会 Copyright (C) MINOKAMO All Rights Reserved.