太田宿中山道会館



太田宿界隈


祐泉寺



観光案内ボランティア




お祭り


おん祭MINOKAMO
秋の陣



大きな地図で見る

営業時間  
定休日  
所在地 美濃加茂市太田本町2-3-14
駐車場  
TEL 0574-25-2364
ホームページ  
Eメール  
入館料  




祐泉寺は臨済宗妙心守派の寺で、寺伝によれば文明6年(1474年)に大道真源が湧泉庵という寺を建立したことに始まるといわれている。16世紀の初め、八百津の大仙寺の末寺として祐川庵と称し、後の17世紀後半(寛文年間)に現在の祐泉寺と改称している。

 祐泉寺は中山道沿いに立地していますが、祐泉寺あたりで中山道は鈎型に折れ曲がっている。これは外敵の侵入を少しでも阻もうと設けられた防衛上の道路形状で、「桝形(ますがた)」と呼ばれている。この桝形は、他の宿場町や城下町にも見受けられるが、太田宿の場合は祐泉寺の西方およそ500メートルにも存在し、東西2箇所の桝形によって太田宿の中枢部が守られていた。



 祐泉寺の境内には数多くの石碑が残されている。大正3年(1914年)、この地を訪れ、太田町(現在の美濃加茂市太田町)から犬山町(現在の犬山市)までの木曽川がヨーロッパのライン河に似ているとして「日本ライン」と命名した地理学者志賀重昂の碑、槍ケ岳を開山した播隆上人の歌碑や墓碑、太田の地で生れ育った明治の文豪坪内逍遙が述懐の念をこめて詠んだ「椿の歌」の碑、北原白秋が祐泉寺を訪れ茶席でしたためた歌の碑、松尾芭蕉の門弟となった脇本陣3代目の林由興(冬甫)が師を悼んで建てた芭蕉の句碑、西園寺公望の石標などが残され、祐泉寺の歴史の古さを物語っている。



 祐泉寺には、本堂のほか観音堂や稲荷堂、鐘楼がある。このうち観音堂には建立にまつわる伝説が残っている。東陽英朝という禅師が寺に投宿した折、「自分は木曽川の底に沈む運慶作の観音像だ。救いあげてくれたら水難、火難の守りとなろう」との夢を見た。次の日、村人たちと川底を探したところ、果たして観音像が発見されたので、さっそくお堂をたてて像を祭ったという。その後の大火で町並みの大半が焼き尽くされたが、不思議とこの観音堂で火勢は衰え、焼失をまぬがれたという。伝え聞いた人々は霊験に驚き、お堂を立て直した。村人はこれを「滝場観音」と称し、親しんだという。





 


観光協会ネットワーク | 会員紹介ページ | その他団体・企業 | アクセスマップ
〒505-8606 美濃加茂市太田町3431-1 美濃加茂市 産業振興課内
電話0574-25-2111(内線262) FAX:0574-27-3863
Email:onsai@mail2.city.minokamo.gifu.jp
美濃加茂市観光協会 Copyright (C) MINOKAMO All Rights Reserved.