津田左右吉記念館

津田左右吉記念館

基本情報

地図

 津田左右吉生家は、明治初期に建てられた民家です。左右吉の父藤馬が明治維新後に移住し、左右吉が生まれた頃に建てられたものです。

 津田家は、尾張藩の附家老竹腰家の家臣として仕えていました。維新後、竹腰家の命により、この地に移住しました。

 建物は、桁行き9間、梁行き4間半の規模です。当初は茅葺き入母屋屋根でした。大正時代に他家へ譲渡しましたが、建築的には大きな改造もなく戦後に至りました。しかし、昭和34年の伊勢湾台風時に被害を受け、主屋も3寸ほど傾きました。翌年に小屋組を取り替え、以後断続的に改造が加えられました。

津田左右吉が生きた場所で文化交流を

 解体・移築は、平成10年度から12年度にかけて行われました。名称を「津田左右吉博士記念館」とし、平成13年3月に完成しました。記念館には、津田博士を紹介する展示コーナーが設置されています。左右吉の生き方に学びつつ、地域文化の向上、文化交流の場としての活用が期待されます。

津田左右吉記念館の周辺、関連スポット

津田左右吉記念館の基本情報

美濃加茂市下米田町西脇1471-1

TEL 0574-28-1110 内線:みのかも文化の森

FAX 0574-28-1104


<営業時間>

9:00~16:30

<定休日>

月曜日及び月曜日が祝祭日の場合は火曜日・年末年始

<駐車場>

無し


<ホームページ>http://www.forest.minokamo.gifu.jp/ijin/kinenkan/index.html

<入館料>

無料

 

 津田左右吉生家は、明治初期に建てられた民家です。左右吉の父藤馬が明治維新後に移住し、左右吉が生まれた頃に建てられたものです。

 津田家は、尾張藩の附家老竹腰家の家臣として仕えていました。維新後、竹腰家の命により、この地に移住しました。

 建物は、桁行き9間、梁行き4間半の規模です。当初は茅葺き入母屋屋根でした。大正時代に他家へ譲渡しましたが、建築的には大きな改造もなく戦後に至りました。しかし、昭和34年の伊勢湾台風時に被害を受け、主屋も3寸ほど傾きました。翌年に小屋組を取り替え、以後断続的に改造が加えられました。

津田左右吉が生きた場所で文化交流を

 解体・移築は、平成10年度から12年度にかけて行われました。名称を「津田左右吉博士記念館」とし、平成13年3月に完成しました。記念館には、津田博士を紹介する展示コーナーが設置されています。左右吉の生き方に学びつつ、地域文化の向上、文化交流の場としての活用が期待されます。

津田左右吉記念館の周辺、関連スポット

津田左右吉記念館をシェア

コメント

コメント 0 件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

TOP